東京の武蔵小金井にある東京学芸大学ワンダーフォーゲル部
のOB会は、卒業年度ごとに会を作っています。
  それぞれの会ごと・いくつかの会・また全会が一緒になって活動をしています。

  
わたし達=昭和39年度入学のメンバーが作っている会が「あかつち」です。

 
   なぜ、と会の名を付けたのか?

   わたし達の通った大学は、武蔵野台地の関東ローム層という
   細かい粒の “あかつち” の上にあります。
   また、大学1年の時の夏の合宿が四国でおこなわれました。
   背中のザックは30〜40kg、歩く時も顔を上げることができず
   地面しか見られないくらいの重さです。
   その地面(宇和島付近???)が赤い土だったのです。
   それらの現役の活動の思い出が、我々の会の名前の由来です。
  
     
  は、今年(2017年)50周年を迎えました。
その「記念DVD」を作成しました。